TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★hotpepperのグルメサイト→【メシ通:ラーメン&町中華インタビュー連載】

5

以前『ラーメン系譜学』などを出させてもらった辰巳出版より、先日『日本ご当地パン大全』が発売された。

これは「日本懐かし大全」シリーズの新機軸として発行されたもので、とくれば当然、昨今の高級食パンやハード系ではない、昭和レトロな惣菜パンや菓子パンの類がこれでもかと詰め込まれた内容。
この中で、高校の購買レポや、都内のレトロ系町パン、三角形サンドイッチのルーツに迫るミニ特集を担当。ここでしか読めないような、これまで公開されていない内容なってると思うので、手にとってくだされ。
売切れ続出で、重版が決定し、もう少しで店頭やネット通販も在庫が揃うので、ぜひどぞ。
というわけで、取り上げた中から1店をピックアップしてみやす。

すっかり昼飲みの新規店だらけになった赤羽一番街。
ここを抜けて、以前AGC(赤羽餃子センター)があった先に、昭和からやってそうないかにもな町パン店がお出迎え。
IMG_9774
サンロールおおみや【食べログ】 ★★★★★★★★★★ 町パン文化遺産!
所在地:東京都北区赤羽1-35-2

赤羽は先の昼飲み屋の様に、駅前もチェーン系の飲食店ばかりで、パン屋もハード系が目立つ(それはそれで好きだし利用もするけどね)。
せっかくの赤羽だったら、子供の頃から馴染みのあるような、しっとりホワホワのパン屋さんのパンが食べたい。そういうのが赤羽(バネ)には似合うはずだ。
そんなことを思っていた矢先に見つけたのがこちらで、初めてきたのは10年ほど前だったか。
その時のことは以前、当ブログで触れていた。

それから何度か利用していて、今回の本の企画を貰い、真っ先にコチラが思いついたのだった。
IMG_9769
掲載にあたり、いくつか買い物求めたパンを上げておこう。

クリームパン¥140はグローブ型のこれぞ町パンな形。
IMG_9781
IMG_9782
カスタードの玉子が実に濃厚! ハードに焼き上がったパンも食べごたえ抜群。
クリームパンUP

揚げ物を挟んだ惣菜パンの中に、フライドチキン¥230なるものを発見!
フライドチキン
これはなんともそのままというか大胆な。
IMG_9797
衣の油と塩気がガツンくるね〜。
フライドチキンUP

許可を得る際に、ご主人からお店の歴史について伺ったところ、驚くべき事実が明らかとなった。
なんと創業100年となる超老舗店だった。もとは西口にあり、東口に移って60年以上が経つという。
創業当時からあるメニューを聞いてみると、たぶん一番古くからあるメニューとして、甘食を上げて下さった。
ただこの日はまだ焼けておらず、後日夕方の焼き上がり時間に再訪してみた。

甘食2ケ¥160!
IMG_9974
玉子パンと並ぶ古くからの町パンの定番。
IMG_9977
個人的にはボソボソして口の水分を全部持っていかれるような食感がイマヒトツそそられなかったのだが、コチラのはシットリしていて、全然口がパサパサにならない!
IMG_9979
味自体もほのかな甘さがあって、食べるだけで幸せになれる。

やっぱり赤羽にはこういう味がないとね。いやはや参った。ウマシウマシ!! ごちそうさまです。

←クリック戴けると狂喜します

5

いつもお世話になっているNACK5のラジオ番組、「THE SEITARO☆RADIO SHOW 1700」に先週5/26(木)にお邪魔して、チャーハンについてお話致しました。

今日中ならギリギリradikoで聴けると思いますので、よかったら宜しくです。
その時に2軒ほどお見せを紹介させてもらった中から、1つをUPしておきやす。

秩父鉄道の熊谷の隣に、ソシオ流通センターという少々変わった名前の駅がある。
京急の野比駅がYRP野比になったようなもんかなと思ったら、2017年に出来た新駅らしい。東上線のみなみ寄居(ホンダ寄居前)みたいなもんか。
熊谷から歩いてもいいかと思ったが、徒歩30分以上ありそうなので乗ってみた。これが出来る前は持田駅まで何キロ駅がなかっただよ!

駅は無人駅で、真新しいがプレハブ感がある。
IMG_0523
なんだか八高線の駅みたいだな。

駅を出て、目の前にある大通りを渡ると、熊谷卸売市場が見えてくる。
食品市場
手前にステキな食堂がみえるが、市場だけあって周囲には関係者向けのイカしたメシ屋が密集しているのだ。

IMG_0542
駅名になってる流通センターの通り、市場の周辺には物流倉庫も多く、少し離れた場所にも食堂が散在している。なんて素晴らしいエリアなんだ!!

IMG_0530
市場脇の食堂街に後ろ髪を引かれつつ進むとスグ、これまた最高にイカした佇まいの、ザ・昭和な食堂が立ち現れた。
IMG_0537

IMG_0531
すすき食堂【食べログ】 ★★★★★ 5.0
所在地:埼玉県熊谷市佐谷田1467

「ただいま元気に営業中」なんて惹かれるキャッチやね〜
誘われるままに入店すると、やはりザ・食堂なテーブル席が広がる焦げ茶色の空間が広がっていた。
店内
昼過ぎに伺ったので、先客は常連らしきオッチャン1人。店のオバチャンと談笑していたが、帰りがけだったようで、間もなくして自分一人になった。
奥の方の席に腰掛け、背後のメニューを見やる。
定食は、肉天・ニラレバ・焼肉・ピリ辛ナス炒めなんてソソりまくるラインナップ。
さらに、半ちゃんラーメンなどミニ丼セットメニューも充実し、特に煮込みは看板メニューのようだ。
よし、これにしよう。だったらアレも頼んじゃおっと。

煮込み単品¥500(くらい)とウーロンハイ¥400!
IMG_0534
茶色いイイ景色っすねー。
軽くウーロンハイで喉を潤し、煮込みを頂くと、モツがもおう超トロトロ! 噛む必要がないくらい。
濃いめの味付けで、これは汗をかく労働者向けのチューンかな。白飯にも間違いなかろうが、苦味の中に甘みも生きたウーロンハイともグンバツじゃないっすか。客はドライバーメインだろうからアルコールは少なめとはいえ、酎ハイがなくウーロンハイがあるってのは、この辺の相性を狙ってのことかと勘ぐりたくなる。

さて、そうこうしてる間に、メインエベントがやってきやしたよ。
納豆チャーハン¥700!(だったかな)
納豆チャーハン
納豆チャーハンは青山のふーみんが有名だが(といいつつ行ったことないが)、それ以外にはあまりみかけない。
チャーハンに納豆ってどうなの?と思ってたが、食べてみると粘りや臭みは全然気にならなーい!
むしろ超絶しっとりしたチャーハンをまろやかにし、適度な苦味のアクセントになって、これまで感じたことない味わいとなっている。なるほど、これはイイわ。
納豆チャーハンUP
こちらのチャーハンは元々かなりしっとりホクホク気味で、メニューを見る限り、和食堂というより中華寄りに感じられる。
なので、チャーハンも食堂によくある家庭的な仕上がりというより、町中華のしっとりチャーハン然とした、油ギッシュさもある出来。
玉ねぎと青ネギという異なる食感のダブルネギ(というとラーショみたい)で、熱が入って甘みもよく出て、見た目よりボリュームが多少あったが、難なく完食。

これは他の定食メニューを単品で、じっくり飲み食いしたくなった。絶対どれも旨いはずだ。
気の良さそうな店のご夫婦に気持ちよく見送られ、店を後にした。

帰りは熊谷まで歩いてみることに。
先に触れたように、熊谷とソシオ流通センターの間くらいにも百万石なるイカしすぎる食堂を発見した。実は最初、この食堂を探していて、この辺が食堂密集地帯であると気づいたのだった。
なんでここに目をつけたかというと、今放送しているスーパー戦隊を見ていたら、この食堂のシーンがあったから。
ザ・食堂然とした風景に、セットかなと思ったが、調べてると実在してビックリした。今回の戦隊ヒーローは好きな脚本家が担当していて、この人、25年くらいまでもラーメン屋台のオヤジがバーサクしたりと、大衆食の場が好きなんじゃないだろうかと疑っている。
なんにしても、お陰でこうした出会いが生まれたので、感謝しなくてはいけない。
今度はなんとしても百万石に行くぞ!
というわけで、ウマウマウマシー!!! ごちそうさまでした!

←クリック戴けると狂喜します

5

当ブログでの告知が遅れ申し訳ない!
毎度おなじみ拙著ミニコミ新刊セットの直通販を今年もスタートしています。 受付終了:沢山のご注文、ありがとうございましたm(_ _)m
■オフセット新刊『うまい 武蔵野うどん うまい』+21冬限定コピー本『21年B食大賞』

1/31いっぱいまでの〆切です。期間が短いですが、ご所望の方はお早めにどうぞ(期限を多少過ぎても在庫があれば対応しますので、問合せ下さい)。
というわけで、2020年の限定本から、あのバーガーチェーンに行ってきたブログ未UPの食レポをば。

閉店が相次いだドムドムが復活の兆しを見せているらしい。そういうニュースが聞こえるようになったのはこの1〜2年か。
近場では浅草花やしきに最近できたらしいが、やはりドムドムといえばフードコートやスーパーの角ッコにある小さな店舗を思い出す。
そんなロケーションの店舗を探すと、大泉学園のマルエツ店に行き当たった。そうそう、小学生時分に近所のマルエツにもあったねと思い出し、こりゃ格好のロケーションだということで、チャリをかっ飛ばすことに。

大泉学園は整備された計画都市ながら、街ができてからだいぶ時が経っており、住民がかなり高齢化している。
団地もそうだが、ボンと建てて30代くらいの人たちが一気に住むと、街の人が皆等しく歳を取るから一斉に高齢化し、子供世代は家を出ていくケースも多く、世代のバラツキが失くなる。

大泉学園の駅から伸びる並木道に出ると、おおっ、あったあったよマルエツ!!
大泉通り

はやる気持ちを抑えて駐輪場にチャリを止め、スーパーの入口へ向かうと、歩道沿いに年季の入ったドムドムの看板がっ!

外看板
ドムドムハンバーガー マルエツ大泉学園店【食べログ】
★★★★★★★★★★ うまい ドムドム うまい
所在地:練馬区大泉学園町5丁目6−27
公式サイト:マルエツ大泉学園店

マルエツ入口
スーパー内に入ってスグ、ドムドムの入口を発見。
覗くと客はまばらでいても高齢者ばかり。マルエツと言うと子供時分は若い主婦で溢れていた印象だが、なるほど自分もアラフィフになるわけだと思い知らされる。
店内
レジには若い女性店員がいて、こういうところはファストフードらしさを残している。
店内は一部木彫の落ち着いた雰囲気で、新作バーガーのポスターなどどこかモスバーガーっぽさを感じさせる。
店内窓辺
昔は全体のトーンが赤色の派手なマックっぽい印象だったが、時代の変化とともに変えているのだろう。

色々変わり種っぽいバーガーもあるが、もう20年以上ぶりなのでオーソドックスなハンバーガーを。それと付け合せと、ドリンクはメロンソーダのフロートに。
リニューアルを機に閉店してしまったが、川口ジャスコのフードコートのピーターパンにもこういうのがあった。


注文後暫くしてまずメロンソーダフロート250円がやってきた!
メロンクリームソーダ
子供時分に気兼ねなく思い切り飲みたかったんだよね。
メロンクリームソーダUP
味は薬っぽく如何にもメロンっぽい味を後付けしたものなんだけど、そんな甘くなけどソフトクリームと食べると幸せ倍増なんだよね。

で、真打ち登場ハンバーガー240円と、付け合せにポテトじゃなくてごぼうスティックを。
ハンバーガー他袋
まずハンバーガー。これがもう出来たてアツアツ。
ハンバーガー
焼きたての香ばしい焦げが端に残るバンズといい、ハンバーガーのチョット出てくる肉汁といい、出来たての至福に溢れている。シャリッとする食感があって、何かと中をみてみると、タマネギが結構な量入っていた。
ハンバーガー中身
おおっ、大好物ですぜ。ピクルスとかより全然嬉しいな。これで200円チョイは安い。

そしてごぼうスティック260円。
ごぼうスティック
これも熱々で、ごぼうはしっかり火が通ってトロトロに近い。若干繊維はあるが、ごぼうだから当然。塩がごぼうの甘みを引き出してる。これ、他のファストフードでも食べたいな。

さらに、かりとう饅頭120円なんてのがあったので注文。
かりんとう饅頭
注文ごとに揚げているのか、カリッカリのが出てきた。
かりんとう饅頭中身
熱々のところを頬張ると、中から火傷しそうなあんこが。あんこ自体の甘さは控えめで、ガワが黒糖のような風味なので、甘さのバランスが取れてる。
遊園地やギャンブル場である、揚げたて食わせてくれるカレーパンもそうだが、普段冷たい状態で食べてるものが揚げたてになるとどうしてこんなに旨いのだろう。普段ほぼ饅頭を食べないが、皆さん家でトースターで焼いたりしてるのだろうか。

メニューの一部がかなり客層に合わせて高齢向けになってて驚いたが、肝心のバーガーも店舗規模なりのものに合わせて出来てて、とても貴重な体験となった。
昔はなんかマックに比べてドムドムはヘボいイメージだったが、大反省だ。大きい組織自体がいいわけではないとは、今の郊外のローカルチェーンが物語っているんだし、ドムドムに今の時代の可能性を感じたよ。
看板

←クリック戴けると狂喜します

↑このページのトップヘ