TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★hotpepperのグルメサイト→【メシ通:ラーメン&町中華インタビュー連載】

4

hyoshi夏新刊、『ラーメンショップvs武蔵野うどん路線バスの旅』委託先全てに納品完了!
【委託先一覧】
武蔵野うどんも食べながら、東上線沿線の廃線を巡る、要素詰め込み過ぎの頭悪すぎる無謀企画を、是非目撃下され!
ラーショバス旅第1弾も再版しましたよ【内容詳細】ってことで、その中からブログ未UPのラーショをば。

以前、JR北上尾駅から中山道こと国道17号に出たところにある、オートパーラー上尾という自販機ドライブインを記事にしたが、

中山道に入らず、駅からの道を進んだ先にラーショがある。
べにばな通り
この道、べにばな通りといって、江戸時代は紅花の産地だったようだ。沿道には役所関連の施設や西松屋があったりと、生活に密着した道路のようで、交通量も多い。その辺を当て込んでか、王道の横長ラーショで、道路挟んだ向かいには広い駐車場が完備されている。ネギラーメンの看板がアツい!

外観
ラーメンショップ 西門前店【食べログ】
★★★★ 3.8 塩と煮込みの相性で。リベンジ必至
所在地:埼玉県上尾市西門前327-5

夜に前を通ったこともあるが、外からよく店内が見える。
夜外観
外からサッシ越しに見える店内は相当歴史ありそうな、出来上がった空間が浮かび上がる。

入るとかなり大きなカギ型カウンターで、女店主の娘さんだろうか、学校帰りの姿でカウンターに座り、何気ない会話をしている。
内観
ブルーカラーの常連らしき客はビール飲みながら新聞を見ている。テレビから漏れ聞こえる音がBGMとなって静かな店内に適度なノイズを加える。
こんな光景が毎日ここで繰り広げられてるんだろうな。
こういうラーショにはアルコールがよく似合う。メニューを見ると、やはりビールの他、チューハイが充実していた。
メニュー

そんなことを思っていると、モツ煮込みが先にやってきた。
煮込み半ライス
小ライスとのセットで、ラーメンに+350(現在は400)円。味噌だろうかトロミありそうな土手煮っぽい濃いめの汁ってのがビックリ。
煮込み
飲むともうドロンドロン。味も濃くてこりゃ半ライス必至だわ。モツはこてっちゃんの他、いくつか部位が窺える。柔らかすぎないが硬くないいい塩梅。脂身も適度にあるしね。
ライスも硬くなく、モツとネギを乗っけて、一味かけて食うとあうわ〜

ラーメンは醤油・味噌の他に珍しく塩 があったので、ネギ塩ラーメン750(現在800)円に。
ラーメン煮込みセット
麺は細くて丸っこくて気持ち長い。「◯あ」と麺箱に書かれていた。本部直系に近いお店なのかな。
塩ネギラーメン
スープはというと、透明度はあるものの若干濁ってるタイプ。ゴマが最初からふりかけられている。
スープUP
スープはそこそこ出汁が出てるようだが、まったり塩味でまろやか。チョットぼんやりしてるとも思われかねないが、サッポロ一番塩ラーメンタイプとも違う。
チャーシューは薄いのが数枚入ってて悪くないがこれという特徴に欠くか。ネギはいつもの甘めの味付けで良好。ワカメばらける普通タイプ。
どんどん食べ進んで最後は、残った半ライスにネギとチャーシュー、そして煮込みのモツを乗せて、オリジナルのモツネギチャーシュー丼を作って、一気にカッコム!
まぜまぜ丼
これよこれ、こういうのができるのがラーショの醍醐味やね。

全部食べると満腹だが、とはいえチョット挑戦しすぎたかな。
塩味は悪くないが、味噌味の煮込みと合わせるには、やっぱ醤油だったかと。自分のせいだわ。
それよりこのロケーションなら、アルコール、特にチューハイと先に一杯やるのがサイコーでしょ。こりゃ、コロナ後に再訪必至だな。
飲めるラーショとしての魅力満点なお店。何度か行って、ジワジワ味わっていきたい。
というわけで、美味しかったッス。ごちそうさま〜

←クリック戴けると狂喜します

メシ通の新記事を約1年半ぶりに担当しました。
オーベルジーヌブレンドロゴ
長年愛され続けるカレー弁当専門店に聞いた「冷めてもうまいカレー」に隠された秘密

テレビでよく耳にする、芸能人にファンが多いテイクアウトカレー専門店「オーベルジーヌ」って実際のところどんなカレーなの? 一般人でも食べられるの? オーベルジーヌの創業から、テイクアウト専門に至るまでを現在の二代目社長に聞いてきました。

コミケはないけど夏新刊を発行することにしやした。
hyoshi題して、『ラーメンショップvs武蔵野うどん路線バスの旅』【内容詳細】!!
クラウドファンディングにご協力頂き、なんとか発行させて頂いたラーショバス旅。その第2弾は、武蔵野うどんも食べながら、東上線沿線の廃線を巡り、吉見百穴のある東松山を目指すという、要素詰め込み過ぎの頭悪すぎる無謀企画。
初売りは今週末、8/15(日)中野サンプラザにて行われる資料性博覧会14となります。

『ザ・閉店3』はイベント持ち込み初となりますし、そのほか珈琲本2や板橋本東西両篇など既刊取り揃えてお待ちしております。
というわけで、新刊に収めきれなかった中から、ふじみ野で今年ドハマリした武蔵野うどんをば。

ふじみ野駅西口は緑豊かで整然とした郊外の計画都市。
一見、よくあるチェーンしかなさそうな何処にでもある駅前っぽいが、チェーンと言ってもジャンクガレッジ、埼玉ローカルファミレスの馬車道、餃子の王将のロードサイド店と、個人的にかなり嬉しいラインナップ。
そして、なんといっても岡ちゃんラーメン!

さらに、地グルメの武蔵野うどんがあるというのが引きが強すぎる。

だが、武蔵野うどんの店は昼のみ営業が多く、ご近所でないとなかなか行きづらい。
こちらのお店もご多分に漏れず、15時で閉店。閉まっている店先を通っては、屋根にある「うどん」の文字をうらめしく眺めていた。
IMG_5539
だが、この日こそはと早起きして(といっても一般的には十分遅起きが)、13時過ぎに入店できた。

IMG_5538
徳一うどん【食べログ】 ★★★★★★★★★★ スクウェアうどんと地の野菜に
所在地:富士見市ふじみ野西4-1-2

IMG_5537
外の貼紙にはテイクアウトのうどん弁当や季節のきのこ天ぷらなんて文字が踊っている。
外メニュー
家庭的な雰囲気かと思いきや、入るとかなり広い空間が広がっていた。真ん中に大きなテーブルがあり、一人客はそこに感覚を空けて座る。窓際には小上がりが並び、トータルで相当な席数がありそう。
店内
案内してくれる若そうな女性店員はフロアに複数人いて、家族経営っぽさはないが、ファミレスのようなマニュアル接客でもない。大きめの武蔵野うどん店ではよく見る感じ。こういうのが郊外では流行りなのかな。
メニュー
席について注文。うどんは中盛り600gにした。並350gと悩んだが、この分量だと茹でた後のグラム数と判断。300gのつけ麺だったらややシンドいが、うどんだとそれくらいは食べられるだろう。
と思ったが、出てきたそれは、大きなザルにドーン!だった。

肉汁うどん中¥940!
肉汁うどん
肉汁のお椀も大きいが、うどんはこれまで見た中でも最上位クラスの太さ。これはかなりの格闘を強いられるか。
まずはうどんを単体で頂く。
うどんUP
断面はスクウェアって感じの真四角具合で、ややグレーががっているが透明感がある。食べてみるとイカそうめんかってくらいの弾力とサクッとした歯ざわりが混在した感じで、ゴワゴワの武蔵野うどんよりも若干加水率が高く、讃岐うどん要素もある。なんにしてもこれ、めちゃめちゃ旨いんですけど。
つけ汁
肉汁はオーソドックスな甘辛い味付けで、豚肉もネギも適度にクタってるのがたくさん入ってて、モロ好みのやつ。うどんはこの肉汁につけても旨いのだが、うどん単体がもう旨すぎるので、半分はつけないで食べてしまった。
ゆで汁
残った肉汁はゆで湯がポットで卓上にあるので、割って飲める。
茹で湯
これは単純に汁が薄くなって飲みやすくなる感じで、飲み干して完食。

600gはユトリをもって食べきったが、この後、真名井の湯に行くまでの間に腹が張ってきて、歩くのが少々キツくなった。

でも、こんなうどんに巡り会えたんだから、早起きして来た甲斐があったってもんよー。

というわけで後日、季節の天ぷら目当てに、そんなに日を開けずにまた行ってしまった。好物と知れれば、自然と体が動くってもんよ。
4/2、れんこん天300円を頂く。
れんこん天+肉汁
これが瑞々しくて甘い!! れんこんというとネバネバで、揚げたら身がぐちゃぐちゃになってしまいそうだが、これがもうシャッキシャキなまま。
れんこん断面
噛んでいると最後の方に粘りが出てくる感じ。

4/23は、前回期になって狙っていた長いも天200円
長芋天
これまたれんこん以上に、超サックサク!!
長芋断面
さつまいも天のような見た目ながら、噛むと柔らかい筋感がある正真正銘の長芋。これまで食べた中で一番ハマったかも。
注文後、そら豆の塩ゆでがあるのに気づいてプチ後悔したが、この長芋が食えたから無問題。

というわけで、5/21はそら豆の塩ゆで狙いで行ったが、既に提供が終わっていたなんて!!
仕方ない、再び長いも天。そしてまたも注文後に夏メニューを発見。
夏メニュー
アスパラ天にするんだった。。。

これ以降、ラーショと他の武蔵野うどん巡りで3ヶ月ほどご無沙汰している。夏メニューも終わりかねないので、近々伺うとしよう。
というわけで、地うどんの店は野菜天を付けるに限るね。ホントこれだけは都心にいると忘れてしまう感覚。超大事にしたいほど、ウマウマウマシ!!! ごちそうさんです!!

←クリック戴けると狂喜します

↑このページのトップヘ