TwitterボタンFacebookボタン  ★サークル情報・近況・ブログ更新履歴…いいね!宜しくFacebookページ
←★更新情報にちょっとしたツブヤキ…Twitter:フォローお気軽にどうぞ!
  ★hotpepperのグルメサイト→【メシ通:ラーメン&町中華インタビュー連載】
  ★Rettyグルメニュース連載【ロードサイド探訪記】【favy】連載中

拙ミニコミ同人誌のバックナンバーを1冊から注文できる、オンデマンド印刷サービスを開始しました。
まずは近刊で在庫切れとなっている、
・ブレンドしか頼まないヤツは一生飲みたいコーヒーに出会えない!?1
・ラーメンショップ路線バスの旅

を対応可能にしました。

1冊からなので単価が上がり、送料足すと結構しますので、↑詳細をご確認下さい。
以前アンケートを取ったらリクエストの多かったラーショ本の再版に際し、最近行ったラーショをUPしてみますか。

最近、坂戸〜東松山あたりに行く機会が少し増えている。というのも、緊急事態宣言やら何やらで遠出もできない中、近場で電車一本で行けて、しかも人がいないところ(といっては失礼か^^;)ってことで、今年に入ったくらいからたまーに散策がてら出かけているのだ。
折角なので、この辺でちょっと昼ピークずらして寄れる飲食店で食べたい。そうした条件で調べていたら、ラーメンショップが界隈に結構散在していることが分かった。特に坂戸周辺は数軒見受けられ、これは開拓し甲斐があるぞと、まず最初にロックオンしたのが坂戸店。

東京からすると、東上線の川越の先、快速が止まる沿線の中核駅だ。
駅ナカにぎょうざの満洲があり、また近くにはどこにあるのか分からない丸長があるが(今はフツーに入れる店構えのようだけど)、今回は北口から水路の走る住宅街を抜け、1kmほど歩くことに。
坂戸バイパスから街路樹の並木道が続く車通りに入り、暫くすると右手に、エンヂに白抜きの例の看板が見えてきた。

ラーショ坂戸遠景
ラーメンショップ 坂戸店【食べログ】 ★★★★☆ 4.2

おおっこれは、道路沿いにポツンとある感じでアツイ!
外観2
「ラーメン」ってそこまで主張しなくてもいいのにっていう押し付けがましさがあって、そこがラーショ!!って風情で最高だな。

店内は大きなL字カウンターのみ。中年って感じの2人の男性が切り盛りしている。やや年配の方が店主の方で、もう1人はヘルプのようだ。
ラーショはカウンターの衝立がなく、厨房が丸見えなところが多いので、ここでも調理の様子がつぶさに伺える。昨今、麺茹では深いテボが多い中、ラーショは平ざるのところが結構現存していて、こなれた感じの湯切りが見れるのが楽しみでもある。
店内
卓上の、絵の長くて先の細い耳かきみたいなスプーンがぶっ刺してある業務用ニンニクもタマランね。

冷水機から水と、オシボリも取ってきてスタンバっていると、やってきましたネギラーメン並¥750!
ネギラーメン
水色の底の浅い丼に、細切りネギチャーシュー、ワカメ。少し背脂が浮いてる、これぞザ・ラーショな見事なフェイス!
スープは薄茶色で、かなり薄いという話だが、見た目には濁っていて期待できそう。
ネギラーメンUP
早速プースーからズズッと頂くと、あ、確かに薄いわ。乳化はしてるからコーヒー牛乳みたいな色味をしているのだろうけど、油っ気はほぼなく、スルスルと飲めてしまう。でもなんだろう、ただ出汁が出てなくて薄いという感じじゃないんだよね。温度もアツアツじゃないのが個人的には嬉しい。
スープUP
お次は麺行ってみますか。あさひやの麺らしい。好みの指定してないのでデフォの茹で加減だが、まぁ柔らかめ。低加水ではないが、やや多加水という感じ。でもヤワヤワじゃなく、適度にスープ吸ってチュルチュルすすれる。オジサンになるとラーショはこれくらいの塩梅がいい。
ネギラーメンはチャーシューが1枚ベロンと乗らず、ラーショネギに混ざる感じで細切りにした冷やし中華に乗ってるチャーシューみたいのが入ってる。こういうネギラーメンを出すラーショって多いね。若いウチは損した気持ちでいたが、ラーショネギを堪能することを考えると、こういう形状のほうがネギを邪魔せず食べられて、量的にもバランス的にも丁度いい。
ノリはすぐバラけるタイプで、ワカメもスープにバラける標準的なラーショワカメ。ただメンマが入ってるのは珍しいか。

と、一通り味わったところで改めてスープを頂くと、薄さの正体がジワジワと明確になってきた。
これ、スープの濃度が薄いという以上に、タレが少なめなんだ。
周りを見ると、仕事をリタイアしたくらいの年齢の方がフラッと食べに来ている。それに作りても決して若いという感じではないし、場所も郊外の住宅街だし、あまり味の濃いものが好まれなくなっているのではないか。
昔はどうだったか知らないが、時代とともにこの濃さに落ち着くのは自然の理かもしれない。ネットの口コミを投稿するのは比較的若い人だから、そういう人には薄く物足りなく感じるだろう。でも、そういうもんだと思って改めてスープを飲むと、これはこれで非常に味わい深く感じられてくる。

全くキツさなく、完食。
自分もこれくらいの濃度でもシミジミ旨く感じられる年齢になってきたのかなぁと、感慨深げに店を後にした。
たぶん言えば濃い目にしてくれるだろうし、これで濃いめも食べてみたい気もする。アルコールもあるので、午後の西日をバックに皿盛りのネギチャーシューをつまむのもいいなぁ、なんて考えながら再び駅へトボトボと戻るのだった。
この哀愁というか、いい意味での侘しさが現代のラーショの味わいだよね。やっぱラーショ最高。というわけで、ごちそうさまでした。

←クリック戴けると狂喜します

5

昨年末に発行した拙ミニコミ新刊『ザ・閉店3』が東急ハンズ新宿に置かれるらしいゾ!

近年連続して参加している情報系同人誌イベント「おもしろ同人誌バザール」が、3/22(月)〜3/29(月)の一週間、東急ハンズ新宿(タカシマヤタイムズスクエアのところの)2F催事スペース(連絡デッキから入ってスグのところらしい)に出張おもしろ同人誌バザールとして、企画出展します。自分のような食や鉄道など、世間的にはサブカルとか雑学と呼ばれるような類の、普段日の目を見ない情報系同人誌が公の場で陳列されるという、これまでにない光景が展開されるようです。
その中で自分は、掲載店どこもやってない究極に使えないガイドブック『ザ・閉店3』や、珈琲店をやってきた中で考えた珈琲についてまとめた本など、5種ほど並びますので、よかったら覗きにいってみてください。
というわけで閉店したお店の中から、おおっよく考えたら当ブログでは未UPだった、今もやっている店舗もあるチェーンを紹介しておきたい。

初めてここの店名を見た人は、全く読めないかもしれない。
看板
かくいう自分もそうで、「昆布」とか「金毘羅」みたいな名前だと思った。
羅布乃瑠沙羅英慕と書いて「ロブノオルサラエボ」は群馬県藤岡発祥で、北関東中心に展開するローカルチェーン。ロードサイドに突如、読めない漢字、しかもなんとも言えない独特のオドロオドロしい書体でババーンと出てきた時は、マジやべーなと思ったが、直後には入ってみたいという興味が湧いてきた。

調べてみると、どうも喫茶レストランチェーンらしく、価格は高めながら、ファミレスサイズの座席でゆっくりできる作りのようだ。
コメダ【過去記事】とか星乃珈琲【過去記事】、同じローカルチェーンで言えば埼玉の珈琲屋OB【favy】に近いかもしれない。ただそれらよりは、食事のウエイトの高い、ファミレス寄りのメニュー構成となっている。
最初は「沙羅英慕」だけの名前で、最盛期には40店舗ほどあり、郊外型オオバコ喫茶として名を馳せたようだが、その中から独自に「羅布乃瑠沙羅英慕」として展開するグループが出来たようだ。
昨今、こうした少々お高めながらユックリ過ごせる業態が人気のようで、沙羅英慕もどこに行っても混雑していたのだが、コロナ禍の昨年、鹿沼や小山南、渋川など知る限りで7店舗を閉めており、藤岡の本店さえ閉めたのだから相当に事は深刻だったのだろう。

そんな中で、恐らく一番東京から近いであろう店舗が春日部店で、自分が初めて行ったのもコチラ。

外観
羅布乃瑠沙羅英慕 春日部店【食べログ】 ★★★★★ 5.0

ミステリー小説にも出てきそうなゴシックな洋館風の外観で、この佇まいが沙羅英慕の特徴。
扉を開けるとすぐ店内ではなく、アンティークな置物が並んだ部屋がワンクッションあって、その先で受付となる。

ワンクッション部屋
(ワンクッション部屋の中はこんな感じ)
ワンクッション部屋扉
(ワンクッション部屋の中の扉。ここを開けるとようやく店内)

初めての人はここまで来るのにいくつかのハードルを越えるわけだが、なのに店内は人で溢れている。
店内もアンティーク調で、薄暗く、テーブルも仕切りが高く半個室状態。
客席
コロナ前はマダム連がピーチクパーチクしていた。狭いコーヒーショップで席を確保するのに手間取ったり、ファミレスでいちいちドリンクバー取りに行く手間を考えたりすれば、こういう店のほうが楽なのだろう。

メニューはコーヒーからパフェなどの甘味、トースト系の軽食、それにパスタやハンバーグといったガッツリ食えるものまでかなり充実している。

メニュー肉
メニューパスタ
メニューコーヒー

遅い昼飯がてらに来たので、ここはガッツリと行きますか。

というわけで、ハンバーーーーーグ¥1195+税!
ハンバーグセット
おおっ、鉄板に乗ってジュージュー言ってるのが来たぞ!
ハンバーグ上から
しかもザラザラの和風おろしソースが鉄板いっぱいに溢れんばかりではないか!! 目玉焼きが乗ってるのも男の子心くすぐるし、これは期待できるぞ。
で、早速ハンバーグを割って食べてみると、ミンチはかなり粗く挽いてあって食感がワイルド!
ハンバーグ中身
しっかり食べ応えがあって、肉汁も楽しめる。これはモロ好み〜
特に和風ソースが秀逸で、ワインのようなコクが強く、なんだか俺の好みをリサーチしたんじゃないだろうかってくらいの味わい。ウメェぞコレ。付け合せのポテトもニンジンもいい塩梅だし。

この日の気分で、セットのスープとサラダはいらないので、¥213+税でパンを付けた。
パン
これが小麦の粉っぽさが少々立った、ゴワッとまでは行かなくてもシッカリしたタイプのパンで、どビンゴ! 温かく、単品でバクバク食えそう。
パン中身
余ったハンバーグソースをパンに染ませてたら、パンが足りなくなりそうだった。

なんとか全てのソースをパンと一緒に完食。
食事と一緒に頼んで¥232+税になるアイスコーヒーで〆。
アイスコーヒー
銅マグってのがソソる。オジサンはこれに弱いのよ。アイスだとキンキンに冷えるしね。
といっても単に器だけの話じゃなくて、豆は自社焙煎で、抽出も濃いめ。豆をたっぷり使ってると思えるしっかり味。まろやかさと余韻が強い。
これで2杯目からは100円となるってのは、どんだけ長居しろってことなんだ!?


この沙羅英慕との出会いから、北関東に行って近場にあれば極力寄るようになった。
街道のグルメの取材も兼ねて、栃木店に行ったのは19年の4月。
外観ロードサイド
建物の周りに木々が多く、コチラのほうが怪しげな洋館って感じが出てるね。

外観建物
羅布乃瑠沙羅英慕 栃木店【食べログには情報ないが閉店した模様】 ★★★★★ 5.0

内観は春日部と似たような感じで、仕切りも多い。
店内
間食目的で来たので、コーヒーがてら甘いもんと行きますか。
フレンチトーストメニュー
フレンチトーストが沢山種類あったので、試してみよう。で、どれにするか迷った挙げ句・・・

キャラメルバナナ(セット)¥1084+税!
フレンチトーストセット
スキレットのような小さなフライパンごとアツアツな状態で来るのが嬉しい。ハンバーグといい、こういう演出はテンションが上がるね。
フレンチトースト
ただ、昨今のカフェなどで出てくるタイプで粉糖も振られて洒落ている感じがチト、おじさん的には苦手。
とはいえ食べてしまえば、無問題。
フレンチトーストUP
トーストだけ食べるとソースの甘さが際立つが、クリームやアイスを溶かして混ぜて食べると意外と甘さがちょうどよくなり、うん、これはイイね。
見た目がボリューミーながら、案外サクッと完食。

同時に頼んだホットコーヒー(ブレンド)はやはり濃くて量も満足いくもの。
コーヒー
コーヒーがしっかりしてるってのは、リピートにはとても重要な要素なので、正直うれしい。

どの店舗も駅から遠いので、列車旅行には立ち寄りは厳しいが、こういうローカルチェーンがあることで旅が楽しくなるのは事実。なのに閉店ラッシュで、ここ栃木店も例外でなかったようなのが悔やまれる。
先の春日部店はFCで、栃木は直営っぽいので、その辺で明暗が別れたのかもしれない。栃木よりもっと木々が生い茂ってた藤岡本店や鹿沼店が存命なうちに訪問できなかったのが心残りだ。

全店リスト
(春日部店にあった2019年当時の全店リスト:↑クリックで拡大※光で飛んでて見えない店舗があってスマン)

というわけで、今ある沙羅英慕を出来る限り巡ってきたいと心に誓うのであった。
次はまたハンバーグか軽食か、それともパスタか……ヒジョーに嬉しい悩みだ。とにかくどれもウマウマシ!! ごちそうさまでした!

←クリック戴けると狂喜します

5

拙ミニコミ同人誌の新刊セット、無事受付終了しやしたm(_ _)m
掲載店どこもやってない、究極に使えないガイドブック第三段『ザ・閉店3』単体での通販は引き続き受付中、委託先にも全て納品完了【委託先在庫一覧】
というわけで、ザ・閉店3の「ここで食え!」の中で触れながら、詳細は述べられなかった農林水産省食堂をUPしておこう。

行政機関メシは久々に取り上げるが、これまで霞が関の合同庁舎では2軒で食べている。
まずは中央合同庁舎第5号館の厚生労働省職員食堂【過去記事】で、ガードマンに用事を告げてIDを受けて入る、少々ハードルの高いところ。そして外部からも入れる第1号館北別館にある蕎麦屋さんの日豊庵(あ、ブログでは未UPだった!)。そして今回は、その日豊庵の並びにある食堂。

最寄り駅は霞が関。自分は日比谷駅から行ったのだが、日比谷公園を抜けて霞門に出ると、目の前に真っすぐ道路が伸びている。
霞ヶ関駅
この並木道を少し進んだ左手にあるのが中央合同庁舎第1号館北別館。
合同庁舎
建物の入口にガードマンがいて職質とかされそうだが、軽く会釈して入れば、何事もなくスルーできる。入ってスグの所に受付があって、目の前に前回行った日豊庵が見える。ここはホントわかり易い場所だったが、あれ? 今回目指す食堂が見当たらない!!
受付の女性職員が不思議そうにコチラをみているので、食堂の場所を尋ねると、右通路先の関係者ゲート手前を左に曲がるとスグあると優しく教えてくれた。
礼を言ってその通りに進むと、あったあった!

手しごとや咲くら農林水産省店【食べログ】 ★★★★☆ 4.5
公式サイト:農林水産省サイト内

中は正しく社員食堂然とした空間。お盆を持って好きな惣菜を取って会計。煮物や焼き魚など、一般的なおかずが並ぶが、昼ピークを過ぎているので、品数は少なめ。目当ての一つだった鯨の竜田揚げも売り切れのようす。
だがこれら以外に注文できる定食類があり、こちらはカウンターで注文。その中に、もう1つ目当ての鯨ステーキがある。
出来上がるまで少し時間がかかるとのことなので、先にレジで会計し、お茶を汲んで席で待機。
店内
自分以外にも食事をしている人が2人くらいいた。その他にお客さんはいないからか、スマホいじったりして昼休憩時間で息抜きしてる感じ。アンニュイな午後の風景って空気が漂っている。

こちらもぼーっとしていると、出来上がったようで目の前に運ばれてきた。
イワシ鯨ステーキ膳¥1000!
イワシ鯨ステーキ膳
サラダに味噌汁もついて、完全に定食といったフェイス。で、肝心の鯨だが、イワシ鯨という品種。クジラ目ナガスクジラ科で、ネットで調べてみるとミンククジラとかシロナガスクジラの仲間らしい。
イワシ鯨ステーキUP
ステーキという名前になっているが、冷製と思うくらいの温度で、ポン酢的なすっぱショッパいタレがかかっていて、刺し身に近い。食べてみると、魚というよりやっぱり肉というか、そこは哺乳類というしっかりした弾力ある食感。柔らかいがしっかり噛みしめると旨みが出てくる感じで、うん、やっぱり好きな味。嫌な臭みといったクセはほとんどなくて、新鮮な印象を受けた。
例えて言うと、魚だったらカツオかな。ちょっと血っぽいニュアンスあるでしょ? 鉄っぽいというか。レアっぽく焼かれているので、鰹のタタキ的なニュアンスもあるし。でもこれは殆ど焼いた感はないけど。動物系の肉だと馬刺しほどではないが若干トロっと感じなくもない。やっぱり牛刺が一番近いかな。

こういう味だとやっぱり下ろし生姜が合う。刻みネギやジュレ(玉ねぎだったか失念)を添えて、オンザライス!
OTR
ちょっとご飯の熱が入って、より肉感が増した鯨肉はさっぱりした味付けとともにグイグイ米を食わせてくれる。
サラダ
見た目の割に鯨肉の量はあったが、付け合せのサラダ(入ってる貝みたいなパスタ、コンキリエとか言うんだっけ?)、味噌汁ともに完食。

こういうところのメニューは期間限定だったりして、食べに行くと終売しているというケースが多いのだが、川口の鯨食堂【過去記事】亡き今、クジラ料理が食べられる場所として、このままメニューを残しておいてほしい。
いやはや、久々のクジラ肉に大満足! うめぇ!! ごちそうさまでした〜

←クリック戴けると狂喜します

↑このページのトップヘ