ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!
どーしちゃったのか!?ってくらいイキナリこれまで紹介してきた料理の価格帯を飛び越えたエントリーに驚かれたかもしれない。いや、単純なカラクリ道中で、ジェフグルメカードをもらう機会に恵まれたのだ。登録店舗を調べるとFC店舗ばっかで最初あちゃ〜っと思ったが、万世が使えるってことで、1も2もなく突撃してきた。

万世外観万世 秋葉原本店 (マンセイ) (ステーキ / 秋葉原)
★★★★ 4.0
所在地:千代田区神田須田町2-21
営業時間等データ詳細はlivedoorグルメへ
公式サイト:http://www.niku-mansei.com/contents/02honten/03_04mansei.html

万世だけは子供の頃、唯一許されたハレの贅沢で、ウチの父というのが折角行くならと選ぶところは万世だったり駒形どぜうだったりと(ちなみにパンは上野ナガフジ肉まんはセキネ)、昔気質のことろがあったお陰でそうした味が自分に染み付いている部分がある。とはいえ万世本店は行かずじまいで、旧万世橋派出所のある頃からビルばかり見上げていた。
万世ビルは基本、上に行くほど値段が上がる。グルメカードの総額+アルファ考えると、洋食の万世か焼肉の万世牧場か・・・悩んだ末、フツーの洋食の万世へ。
3Fと4Fに分かれていてメニューは一緒。完全禁煙の4Fを選ぶ。広々として窓際は夜景を見ながら食事が出来る。とはいえ基本ファミレスのつくりなので、気遅れる部分はない。メニューもファミレス展開する万世とほぼ一緒で、折角来たのだから他のフロアにすればいいと思われるかもしれないが、まぁやっぱり自分の中で万世といえばここに固着してしまっているようだ。

というわけで、肉食うぞ肉!<どのフロアも肉だっつーの!
和牛厚切りドラムステーキ(特上もも150g)¥2680をライスセットで。
ちょー久々に「焼き方は?」なんて聞かれたもんだから慌ててしまった。そーいえばそんなこと聞く店に来るのは15年ぶりかも。むかし「焼き方は?」と聞かれて「じゃんじゃん焼いて、じゃんじゃん!」と答えた輩の話を聞いたのを思い出したが、今にして思うとネタっぽいなぁ〜

サラダ@万世まずはサラダ。フツーというか、単に野菜カットしてあるだけ(当たり前か)だし、ドレッシングもちょほいとかけてあるだけなのだけど、なんだろう、なぜか妙に旨い。
スープ@万世スープもフツーのコーンクリームスープなのに、なんとも形容のしようがない。
食事にあうようにと白ワインをグラスでもらっちゃったりなんかした。ワインってじぇんじぇんわかんないし、いわゆるオーソドックスなテーブルワインなのだろうけど、こういうワイン独特の酸味っていうのかな、得意じゃないけど、食事にはあうかと。味は全然違うけど、ジャワティと食事的な感覚かな。おくりびとも「どんな食事にもあうあう!」っていってるよ。
そんなこんなで真打登場!
ステーキ@万世
まずビジュアルがヒジョーに正しい。あま〜いコーンとホクホクのジャガ。で肉にはレモンっすよ。んじゃま、とばかりに串抜いてナイフで切ると。
ステーキUP@万世
これが、なかなか切れない。少尉の家のディナーに初めて呼ばれた紅緒状態(わかりづらい譬えだなこりゃ)。食べてみても歯ごたえバッチシ。肉汁がジュワ〜って感じは微塵もない。もともと肉自体が脂がないからかもしれないが、予想外の展開に苦戦。しかし食んでいると、肉の甘さが口中に広がってくる。ソースをかけると実にオーソドックスなステーキの味わいとなり、男の子顔になってしまう。

ツレは万世ハンバーグと和牛薄切りロース焼き150g¥2280!
ハンバーグ和牛薄切り@万世
ハンバーグは特製デミグラスソースがたっぷりかかっていて、これ自体は非常に香ばしくて美味なのだが、濃厚ゆえやはりかけてないハンバーグが食べたかった。
ハンバーグは外がしっかり焼かれ中がホワンホワンタイプ。タマネギとかより肉がしっかり、しかも粗挽すぎず食べやすく仕上がっている。
これだけでも十分フツーに旨いのだが、和牛薄切りロース焼きには参った。肉自体は薄切りにも程があるってぐらい薄いのだが、脂の甘みがハンパなく、口中で甘さがスパークする。いやはや、これだったらステーキも奮発して和牛霜降ステーキにするんだったかなぁ。。。

グルメカードのお陰で久々に万世の味を堪能したが、値段的にいえば同程度でもっと美味しい店はあるだろう。しかし、この地でこの、既に昭和的といえるようなスタイルで続けることに価値があるんだと思う。聚楽台もない今、東京の嘗て賑わっていた界隈の面影の一つが辛うじて残っていることが認識できただけでも収穫だった。
万世橋駅跡
そんなことを、神田川沿いに続く旧万世橋駅のレンガ駅舎を見ながら思うのだった。でもやっぱ、万世は万かつサンドに尽きる!
つーわけで、美味しゅうございました。ごちそうさまでした。

←クリック戴けると狂喜します