C101カラー冬コミC101新刊セット直通販受付中完売しました
前回もお知らせした冬新刊『寺食えスタ』はお求めいただけます。限定本は今月中にはタコシェと模索舎に納品しますので、そちらをご利用下さい。
というわけで、限定本で詳しく述べられなかった、かおたんのレポを載せておきたい。

かおたんといえば、西麻布にある小屋みたいな店で、以前メシ通でインタビューさせてもらった。
そこの支店的ポジションとしてあるのが、赤坂駅スグのコチラ。かおたん本店が、アルコールは缶だったり、ツマミはちょっとしたもんのみだったりするのに対し、コチラはしっかり一品料理が充実し、アルコールも種類を揃える中華食堂となっている。
とくれば、インタビューでも触れた、かつて西船橋にあったラーメンZを彷彿とさせる。

本店から分かれた恵比寿のかおたんもそうだが、特にZの一品料理の秀逸さが忘れられない。あれが再び味わえるんじゃないかと、ずっと来たかったのだ。
ちょうど1年前に、溜池山王で仕事があったので、終わった後直行した。

外観
中国料理 かおたん 赤坂店【食べログ】 ★★★★★★★★★★ やっぱ好っきゃねん
所在地:港区赤坂6-3-15 公式サイト:https://www.kaotan.co.jp/

日曜定休だが、祝日でも開いてて、中休みもないのが有り難い。
入口
中はテーブル席メインで、カウンターも変則L字でそこそこ席がある。店員はほぼ大陸系のようす。時間的に客もほぼいなかったが、1人だったのでカウンターでいいと告げる。
店内
完全にアルコールモードだったので、期待のツマミを何にしようかと卓上のメニューを見ると、おおっ、やっぱ色々あるぞ。砂肝・油淋鶏・春巻もいいなぁ。
で、結局決めたのが・・・

金黒タンサン¥600と揚げワンタン¥550!
金黒+揚げワンタン
金黒はアサヒの芋焼酎でそのハイボール。芋臭くないがチョいクセあるが、炭酸強めでグイグイ飲める。
金黒タンサン
で、揚げワンタンは、皮多めでキツネ色にキレイに揚がってる。
揚げワンタン
噛むとパリパリパリィィっと崩れる。おおっ、これはサックサクで、まさに皮を食わうって具合でいいね。
中央の甘酢餡みたいのは赤い破片が見るようにチョイ辛で、これが揚げた皮のパリ感を邪魔せず、実に合うんだ。
揚げワンタンはそもそも大好物だけど、さすがかおたんといった仕上がり。

これで完全にスイッチ入ったよ。2つめのツマミは、腸詰¥650!
腸詰
腸詰め自体は完全なるツマミ。
腸詰UP
デフォの塩辛い味付けで十分飲めるが、なんだこの黒いソースは!?
腸詰タレ
腸詰めを浸して食べてみると、うん、甘い! とろみがあって、これは甜麺醤かな? いろんなのが混ざってそうだが、甜麺醤的な甘みが前に来る。このソースだけで全然飲めるぞ。

このままでは散財しそうなんで、〆るとしよう。とくればチャハーンこと、炒飯¥950でしょ。
炒飯
ザーサイが付いてるのがマジ中華寄りの店らしい。色味的に黒っぽいが、醤油チャーハンというほどでもなく、油っ気もやや甘みも感じる。
炒飯UP
程よい塩味がついている以外は、フツーのしっとりチャーハン。これが嬉しいね。
玉子もチャーシューも結構入ってて大満足なんだけど、やっぱ付け合せのスープ。
スープUP
ここに揚げネギを散らしたら、アノかおたんラーメンですよ。贅沢な付け合せスープやな〜

ちょっと寄るにはそこそこの会計になってしまったが、この内容なら、寧ろ安いくらい。こりゃ、何人かでシェアしないとアレコレ食べきれないなと。
というわけで、何人かで来ることを今年の目標としますか。いやはや、自分のかおたんドストライクっぷりは健在ですわ。ウマウマウマシ!!! ごっそうさんでした!

←クリック戴けると狂喜します