カテゴリ:蕎麦/うどん(含・立食) > 立ちそば

5

場所は横浜の南口。ってもJRは改札出てスグ地上に出れるわけではないし、地下街とかあるから説明がしづらいが、相鉄の改札出て地上出た目の前。
鈴一外観
何やらオッサンがワラワラ群がってる異様な光景が広がっている。
鈴一入口
きそば 鈴一【食べログ】
★★★★★ 5.0 文句をいうやつぁ下衆
所在地:神奈川県横浜市西区南幸1-11-1
参照サイト:はまれぽ

店は入口の券売機(駅側と奥の2箇所だったかな)のところの足元が少し盛り上がっているが、そこから中は1段下がるから、内部が薄暗く見えて、なんだか地下のモグリの立ち食いそば屋感があって、これは燃える!
一応台のようなものもあるが、兎に角店前は人がテキトーに立ち食っているので、かき分けながら店内に食券を渡しに行く。そして暫くすると注文の品の名を呼ばれて取りに行くが、この手のさばき慣れたオバチャン・オジチャンにしては丁寧な対応で、初めてでも気後れすることなく突撃できる。
店の向かいの路上で座り食いしてる人も多く、さて何処にポジションを取ろうかと探していたら、商店街の奥に向かう側の券売機脇の台が空いてたので、丼を受け取ってそこで食すことに。

初めてなので王道で、“てんそ”こと、天ぷらそば¥350!
鈴一天ぷらそば
そんなに大きくなく底がすぼまったタイプの丼とはいえ、かき揚げのデカイのがドン!と乗っかってて、見た目かなり男前。
こういうタイプの天ぷらは先に麺の下に沈めて、まずはお汁をズズっと。これはかなり透明感のある汁。宗田節を使ってるそうだが(ダジャレではない)、人によっては薄いというかもしれないくらい。やや甘みがある。とはいっても昨今の甘ったるい汁でもなく、昔馴染みの辛汁って程カエシが立ってない。こうやって駅前でサッと手繰って帰る店だから、あんま濃く作ってないんでしょ。かといってチャチくはないという、サラッとして甘じょっぱい絶妙な加減ね。この汁は好きだなぁ〜
そばは王道の立ちそばボソボソ小麦麺。意外と線が細めなのは茹で上がりのスピードを求めてか。いたずらに硬くしないのはホント有り難い。
さて、沈めてたかき揚げが食べてる内にボロボロと崩れたのが顔を出してきた。具材は、桜えび・人参・タマネギといった定番で、作り置きなので衣はガチガチ。でもこれまでにフニャフニャになっているので、そばとモロモロになったかき揚げ片をグチャグチャにして食べる快楽が待っている。汁も天ぷらの油でコクが出てね、これが立ちそばはタマランのですよ。

鈴一頭上注意気づくと天ぷらもそばも汁吸ってるから、飲むでもなく汁が少なくなってるというね。そんなんを食っている内にあっという間に完食。
丼を下げに行くと、頭上注意の看板が。そこに「おそば食べてく?」という声とともに、よく来ているのか、慣れた手つきで買い物帰りに子供と立ち食いに寄ったお母さんの姿が。これぞハマっ子ですよ。こういうところでサッと食えるってね。久々にホンモノ見た気がした。
そういうのを含めて、長年横浜駅前の風景になってる店、そして味なんだなと、しみじみと感じられた一時だった。
きしめんを選べるようなので、次はコロッケなんか乗せて食べてみたい。
つーわけで、こういうのを文化という気がするわ。サイコー。ウマシ! ごちそうさま!!

←クリック戴けると狂喜します

5

スタンド蕎麦外観今回は麺UPデーでもラーメンではなく、溜まってた立ちそばレポから、パトレイバーロケ地巡って食べ歩きのパトめし!vol.2【詳細】で触れたショッパーな黒つゆ立ちそばをば。

秋葉原駅近く、神田川の畔から一本路地を入ったところに、如何にも立ち食いそば然とした、スタンド蕎麦なんて暖簾が待ち構えている。
スタンド蕎麦入口
岩本町スタンドそば 秋葉原店【食べログ】
★★★★★ 5.0
所在地:東京都千代田区岩本町3-10-8

この店はイマヒトツ正式名称が判然としない店で、秋葉原スタンドそばとされているが、味自慢としても通っている。要はアキバの立ちそばやってことでイイじゃん!ってことなんだろう。イチイチ屋号とか気にしない、たかがそばじゃねーか!とでも言わんばかりなところも何ともソソられる。
間口は狭く鰻の寝床で、奥に広い席はあるが基本、手前の厨房対面のカウンターで、ネタケースに頭をぶつけそうになりながら蕎麦を啜るのが醍醐味だろう。
スタンド蕎麦店内

ここには名物の天種がある。おきあみ天そば¥390!
スタンド蕎麦おきあみ天
オキアミ・・・釣りの餌にもなるので見たことある人も多いと思うが、桜海老のような小エビのような形ながらエビではないらしい。天ぷらにすると異様にサクサク過ぎる食感となる。噛むとプチっとジューシーな油がスパークする。
これまた稀少となった真っ黒な辛汁が天ぷらによく染みるんだ。汁は黒くても濃すぎたりショッパ過ぎず、意外とさらっとしてて微かに甘みもあって、ホントこの辺は秀逸な辛汁が残っている。
ここに崩れた天ぷらの衣とオキアミの油が溶け、ボソッとした立ちそばらしい白いゆで麺とグチャグチャに混ぜて犬食いすると、絵も言われぬ快楽に満たされる。

この店といえばオキアミ天というくらい名物になった天種だが、食べに行ってスグ提供されなくなった。
この当時、日本の調査捕鯨が休止状態となってしまったため、捕鯨の副産物であるオキアミが入ってこないのだ。鯨が餌としているから、鯨が捕れなければそこに生息するオキアミも捕れないということらしい。
如何に安く提供するかが勝負の立ちそば、特に小規模個人店にあって、小さなオキアミが大きな役割を果たしていたのは想像に難くない。多くの立ちそばでオキアミ天が消えた中、暫くしてコチラでは見事に復活。今でも提供されてるらしいのだ。未だその姿を目にできるのは何とも有り難いこと。その後、再訪できてないのが悔やまれるが、その内またオキアミを頂きに行くとしよう。
というわけで、やっぱ辛汁ウマいわ〜 ごちそうさまです!!

←クリック戴けると狂喜します

5

仕事で一時、よく根岸から三ノ輪へ買い出しに出かけていた。日暮里駅前辺りから昭和通りへ抜ける途中、木造モルタル看板建築の家と家に挟まれたタバコ屋があって気になっていた。営業してるのかどうか不明な民家感が逆に目を引いたのだろう、気になりすぎてネットで調べてみると、なんと立ち食いそば屋というではないか。しかも営業しているらしい。半信半疑で情報にあった営業時間に行ってみると、おおっ、暖簾がかかっとる!
浜田屋外観

浜田屋入口
浜田屋【食べログ】
★★★★★★★★★★ スゴすぎ!
所在地:荒川区東日暮里4-19-1

店内はこれまた想像を上回る焦げ茶色の激渋狭小空間。
5席ほどの簡易イスのカウンターのみで、手前の椅子に腰を掛けると、目の前の厨房の揚げ場が否応にも目に付くが、これが圧巻の一言。使い込んだ天ぷら鍋の周りに衣が鍾乳石の様にビッシリこびりついている。人によっては嫌悪感を覚えるかもしれないが、ここの天ぷら、絶対デキる!
天ぷらのみの持ち帰りもできるのか、入口脇に大きめのショーケースらしきものがあり、春菊やら結構な種類の天ぷらが並んでいる。しかもどれもデカい! こうなると、やっぱり定番のアレを行きたくなる。店のオバちゃんに元気に告げる。

かき揚げそば¥300!
浜田屋かき揚げそば
今時ウソだろ!?って値段だが、かけ220+天種80円ということらしい。
ならばとズズッと行かせてもらうと、見た目の漆黒な色合いの割りに甘みのあってスッキリとしたツユ。それでもコクはしっかりしていて、ベースの苦辛めの味に厚みを与えている。
タマリの濃さも影響していようが、何と言っても天ぷらの油がツユに混ざっているのが大きい。タマネギと桜えび(オキアミ?)がしっかり入った天ぷらは、端が焦げるほどかなりハードに揚がっている。香ばしさとバキッとした食感がたまらないが、衣が薄いのでモッサイ感じは一切なし。
そばは立ちそばらしいやや太めのボソッとしたものだが、これが寧ろ合う。ツユを適度に吸うし、ツユに浸った衣と一緒くたにぐちゃぐちゃになったのを口中でムニャムニャする快楽がある。立ちそばはこれがキモ。

無我夢中で完食したので気付かなかったが、店のオバちゃんは奥の座敷でテレビを見ている様だ。鏡ごしに客席が見える様になっている様で、こちらの食べ終わった様子を伺って出てくてくれた。営業時間を尋ねると、16時に閉めると言う。
時間的立地的にハードルの高い店だが、今では貴重な黒ツユに絶品天ぷらの黄金コンビを味わうためなら、わざわざくる価値はあると思う。店の存在、佇まい含め、文化遺産級の立ちそばと言っていいだろう。
というわけで、味も店も最高すぎた。こりゃスゴイ体験ができた。バリウマシ!! ご馳走様でした!

←クリック戴けると狂喜します

5

ブログネタ
立喰いそばうどん路麺part2 に参加中!
このところ飲食店の閉店情報が雪崩のごとく押し寄せてきて戸惑っている。年度末ならいざしらず、この時期に何かあるのか、気持ち悪いくらいだ。
町中華のラッキー飯店の閉店→移転の情報から、文京区役所近くの白山通り沿いが再開発されると知った。となると過去UPした中では並びにある定食のみかさ【過去記事】もモチロン対象となるそうだ。
てことは、先日行ったばかりの是れは旨い!もバッチシ対象内となるのではないか・・・と危惧した所、案の定ということらしい。
というわけで、今回緊急UPと相成った。

是れはうまい!!肉そばと書かれた看板がインパクト大のコチラ、前々から前を通っては気になっていたのだが、営業時間のタイミングが合わず(まぁ立ちそばなのでそんなに遅くまでやってない)、10年近く宿題のままだった。
外観@肉そば春日
東京ドームに野球観戦というベストタイミングがあったので、ココぞとばかりに急行した。
入口@肉そば春日
豊しま 春日店【食べログ】
★★★★☆ 4.5
所在地:東京都文京区小石川1-7

店名はてっきりズバリの肉そばかと思っていたら、豊しまという屋号があったのね〜
入口は開けっ放しで何処からでも入れる。いわゆる駅前蕎麦の王道スタイル。
中はL字カウンターのみで椅子のない正真正銘の立ち食いスタイル。カウンターの中では結構若めの女性店員が一人、昼過ぎのテレビドラマを見ていた。
店内@肉そば春日
壁にはメニューが並ぶが、基本肉そばのみで、あとはいなりとかくらい。
品書き@肉そば春日
肉のDX版・厚切りがあるようだが、既に終わっていた。大盛りでお願いしようと思ったが、2玉になると言われ、1玉の量が分からなかったので、普通盛りに。

で、ソッコー登場の、肉そば¥480!
肉そば@肉そば春日
おおっ、黒い汁にデカイ豚肉デロ〜ンと乗った、コレはモロ好みっぽいビジュアル!
早速ズズっといかせてもらうと、案の定、濃いめながらサッパリした食感の汁は甘みも感じさせる。カエシが甘辛い感じというより、典型的な辛めの立ちそばの汁に、豚肉の脂や脇に添えられた揚げ玉の油がコクを与えていると思われる。
さらにコレは肉を食べながら啜ることで、立ちそばらしい懲りすぎない汁の味わいが、甘すぎず辛すぎず絶妙なバランスにまとまる。
蕎麦も細めのやや角の立った麺で、ボッツリとした立ちそばらしい食感が生きているのは嬉しい。
揚げ玉・ネギ・汁と絡めて蕎麦をすすりながら、肉を噛みちぎり、更に汁を流し込むと、立ちそば然とした味わい+ここならではの味が口中に広がる。

無我夢中のまま、あっという間に完食。
決して少なくはないが、これなら2玉余裕でイケた。つーか小腹空いた時の間食向きかも。
こんな肉そばがそう遠くない将来なくなってしまうと思うと実に残念だし、これまで来なかったのが悔やまれる。飯田橋にもあるし【食べログ】、そっちもあるうちに食べておかなくちゃ。いつ後悔することになるか、昨今の情勢だとオチオチしてられないからね。
個人的には汁ももっと濃くても甘みがあってもいいんだけど、それだと別の店になっちゃいそうだし、これはこれで好みの一杯。ウメェなぁ。ごちそうさまです。

←クリック戴けると狂喜します

5

ブログネタ
立喰いそばうどん路麺part2 に参加中!
サラリーマンの多い駅近ガード下というのは、さっと出てさっと食べれる立ちそばが付き物。有楽町と来ればそうしたロケーションの代名詞的場所だから、イカす立ちそば屋が無いはずがない。
で、レンガガードの角っこにある劇狭立ちそばが新角。
外観

入口新角【食べログ】
★★★★★★★★★★ 激ヤバし!
所在地:東京都千代田区丸の内3-6-1

そばもさることながらラーメンも人気で、立ちそばでラーメンということは、フツーラーメン屋では出来ないトッピングが可能、ということで早速トライ!
入口の券売機でラーメンに種モノ数種を連打して店内に入ると、左手に立ち食いカウンターが伸び、そこに客が立ち食ってると後は大人一人やっと通れる程の幅しかない。
店内立ちそばは基本、譲り合いの精神で成り立っているのだ。ここに上司も部下もない(稀に会社の関係を持ち込むバカがいるけど)。
奥に進むと丼を上げ下げする受け渡し台があって、奥では店のオッチャンが数名、凄い勢いでそばを茹でたり天ぷらを持ったりしている。冷水機で水を汲んで、脇のこれまた劇狭のカウンターで待っているとスグ、テンコロラーメンの方〜というアナウンスが。最初、それが自分が頼んだメニュー名と気付かず、二度呼び出させてしまった。そっか、そー略すのか。
メニュー

というわけで、やってきましたコロッケラーメン¥530+かき揚げ乗せ¥120!
天コロラーメン
おおっ、透明なラーメンスープを、浮かぶことのないかき揚げの天ぷらとコロッケが覆っとる! 望んでしたことだが、改めてスゲー景色。まずはプースーをと、天ぷらを掻き分けてズズッと啜ると、ま、ま、まさかの展開が。
天コロラーメンUP
ピリッと濃いめに効いたタレの適度な塩っぱさが、淡くもシッカリと感じられる出汁と相まって、ジャンキー一直線、もう脳天直撃なウマさ。これはもうね、なんだかわからないけど、激烈な吸引力。素材がどうとか超越して、直感的なウマさしか感じない。この味を何かに置き換えて表現出来る人がいたら紹介して欲しい。
麺は中細ピロピロ麺。このスープに思いっきり馴染ませたところを、天ぷらやコロッケの衣と一緒に食べると得も言えぬトリップ感が味わえる。でも食べ進んでも思いの外ヘバらない麺で吃驚。
コロッケは中身はミックスベジタブルっぽいというか、冷凍かな?って感じなんだけど、そうじゃないとコレには合わないというか。天ぷらも揚げ置きだけど、衣がスープ吸うのを前提に出来てるんじゃないかってくらいカチカチなのが似合う。ワカメが多いのも立ちそばっぽくてイイ。

揚げ物が多いので実際よりも満腹感を覚えてしまったが、それよりナニヨリ、スープを筆頭に立ちそば屋にあるもの何でも入れちゃえ的な、ロケーションを含めたトータルでカオスが織りなす正体不明の味わいに、満足以外の言葉が見つからないのだった。
いや〜、これはハマった。近くの某焼きそばといい、立ち食いらしい直感的なヤバさが溜まる磁場があるのかと疑ってしまうほど。今度はまた別の取り合わせでチャレンジしてみたい。
というわけで、衝撃的にウマシ!! ごちそうさまッシた〜

←クリック戴けると狂喜します

↑このページのトップヘ